HON.jpブロードキャスティング
イベント事業

[2020-08-09] HON.jpブロードキャスティング #3 / ゲスト:古田靖(ライター)

 HON.jpブロードキャスティングは、毎週日曜日の21時から30分間インターネットで配信する映像番組です。本(HON)のつくり手をエンパワーするような出来事について、ZoomウェビナーとYouTube Liveを使って紹介、解説、論評します。パーソナリティは鷹野凌、8月9日のゲストはライターの古田靖さんです。

HON.jpブロードキャスティング #2
イベント事業

[2020-08-02] HON.jpブロードキャスティング #2 / ゲスト:仲俣暁生(編集者・文筆家)

 HON.jpブロードキャスティングは、毎週日曜日の21時から30分間インターネットで配信する映像番組です。本(HON)のつくり手をエンパワーするような出来事について、ZoomウェビナーとYouTube Liveを使って紹介、解説、論評します。パーソナリティは鷹野凌、8月2日のゲストは編集者・文筆家の仲俣暁生さんです。

HON.jpブロードキャスティング
イベント事業

[2020-07-26] HON.jpブロードキャスティング #1 / ゲスト:シンガーソングライター 池田敬二

 HON.jpブロードキャスティングは、毎週日曜日の21時から30分間インターネットで配信する映像番組です。本(HON)のつくり手をエンパワーするような出来事について、ZoomウェビナーとYouTube Liveを使って紹介、解説、論評します。パーソナリティは鷹野凌、7月26日のゲストはシンガーソングライター 池田敬二さんです。

2019年9月11日開催 電流協セミナーの様子
イベント事業

2月25日 植村八潮×星野渉×矢口博之×鷹野凌「『2019年電子出版ビジネスの現状と今後の展望』~出版社における電子書籍・デジタル雑誌ビジネス実態調査報告~」を開催します

 一般社団法人電子出版制作・流通協議会は2月25日、オープンセミナー「『2019年電子出版ビジネスの現状と今後の展望』~出版社における電子書籍・デジタル雑誌ビジネス実態調査報告~」を開催します。HON.jpは共催です。

hon.jp
NPO法人全般

JEPA主催“温故知新 2004年創刊「hon.jp DayWatch」から見える出版の未来”に理事長 鷹野凌が登壇します

 hon.jpからHON.jp、営利企業から非営利メディアに移行します。EPUBを日本で最初に紹介したのもhon.jp DayWatch、それに触発されてJEPA「EPUB研究会」が発足し、ブラウザへの日本語組版導入になりました。セミナーでは日本独立作家同盟でのHON.jpへの取り組みと、過去に配信されたニュースから「今」そして「未来」が見えるトピックなどをご紹介します。主催は一般社団法人日本電子 […]

イベントの様子
イベント報告

瀬尾太一×森田崇×楠正憲×植村八潮×稀見理都×鈴木みそ×データジャーナリストA×鷹野凌×仲俣暁生×まつもとあつし「海賊サイトによりマンガ文化が壊される!作家が生き残る方法とは?」開催報告

 日本独立作家同盟は4月23日、阿佐ヶ谷ロフトAにてトークイベント「海賊サイトによりマンガ文化が壊される!作家が生き残る方法とは?」を開催しました。

イベント報告

西田宗千佳×まつもとあつし×鷹野凌「電子出版ゆく年くる年。今年のトピックスを振り返り、来年がどんな年になるかを大胆予測」開催報告

 日本独立作家同盟は12月18日、ジャーナリストの西田宗千佳氏とまつもとあつし氏を招き、セミナー「電子出版ゆく年くる年。今年のトピックスを振り返り、来年がどんな年になるかを大胆予測」を開催しました。

イベント告知アイキャッチ
イベント事業

【イベント告知】西田宗千佳×まつもとあつし×鷹野凌「電子出版ゆく年くる年。今年のトピックスを振り返り、来年がどんな年になるかを大胆予測」

 NPO法人日本独立作家同盟主催で、12月18日(日)14時から渋谷でセミナー「電子出版ゆく年くる年。今年のトピックスを振り返り、来年がどんな年になるかを大胆予測」を行います。 続きを「群雛ポータル」で読む »

イベント報告

佐渡島庸平×橋場一郎「EPUBが拡げる世界――作者と読者をつなぐ“マグネット”と、誰でも電書を販売できる“BWインディーズ”が拓くインディーズ作家の可能性」開催報告

 日本独立作家同盟は11月8日、株式会社コルク 代表取締役社長 佐渡島庸平氏と、誰でも本が販売できるサービス「BWインディーズ」を運営する株式会社ブックウォーカー 常務取締役 橋場一郎氏、ジャーナリストのまつもとあつし氏を招き、セミナー「EPUBが拡げる世界――作者と読者をつなぐ“マグネット”と、誰でも電書を販売できる“BWインディーズ”が拓くインディーズ作家の可能性」を開催しました。