イベント報告

「藤井太洋の頭の中 ~プロ作家が執筆時に考えていること~」開催報告

日本独立作家同盟は11月10日、作家・藤井太洋氏をゲストに迎え、トークイベント「藤井太洋の頭の中 ~プロ作家が執筆時に考えていること~」を開催しました。 10月18日に発売された、藤井太洋先生の新刊『ハロー・ワールド』。この作品をテキストに、執筆時にプロ作家が考えていることを、ご本人に質問しながら紐解いていきました。 藤井太洋さんの新刊『ハロー・ワールド』の、ゲラの一部を公開します。11月10日の […]

イベント報告

「無名Web作家からの脱出戦略」 ~小説投稿サイトと公募新人賞の現在~開催報告

[this photo by Haruo Amano] 日本独立作家同盟は6月9日、小説投稿サイト「エブリスタ」の有田真代氏と作家の内藤みか氏を招き、トークイベント「無名Web作家からの脱出戦略」~小説投稿サイトと公募新人賞の現在~を開催しました。 作家デビューの形が大きく変化しています。投稿サイトでは誰でも作品を発表できる時代、どうすればたくさんの作品から自分の作品を選んでもらうことができるのか […]

イベント報告

菊地悟「商人としての編集者 ―― 33万部『うつヌケ』担当編集者が考え、仕掛け、やってきたこと 」開催報告

[All photos by Haruo Amano] 日本独立作家同盟は5月12日、KADOKAWA文芸局の菊地悟氏を招き、セミナー「商人としての編集者 ―― 33万部『うつヌケ』担当編集者が考え、仕掛け、やってきたこと」を開催しました。 編集者の「売る力」が問われる時代。11万部発行『ひとりぼっちを笑うな』(著:蛭子能収)、33万部発行『うつヌケ』(著:田中圭一)などを担当したKADOKAWA […]

イベント報告

瀬尾太一×森田崇×楠正憲×植村八潮×稀見理都×鈴木みそ×データジャーナリストA×鷹野凌×仲俣暁生×まつもとあつし「海賊サイトによりマンガ文化が壊される!作家が生き残る方法とは?」|イベント報告

[All photos by Haruo Amano] 日本独立作家同盟は4月23日、阿佐ヶ谷ロフトAにてトークイベント「海賊サイトによりマンガ文化が壊される!作家が生き残る方法とは?」を開催しました。登壇者は瀬尾太一(写真家)、森田崇(漫画家)、楠正憲(国際大学Glocom 客員研究員)、植村八潮(専修大学教授)、稀見理都(美少女コミック研究家)、鈴木みそ(漫画家)、データジャーナリストA(匿名 […]

イベント報告

合宿で書き上げた小説を内容と販売活動に基づき評価・創作イベント「NovelJam 2018」グランプリ授賞式開催・総合グランプリはミステリー『REcycleKiDs』に決定!

特定非営利活動法人日本独立作家同盟(東京都練馬区、理事長 鷹野凌)は、2018年3月26日に、創作イベント「NovelJam2018」のグランプリ授賞式を 3331 Arts Chiyoda(東京都千代田区)で開催いたしました。これは、2月10日から12日の2泊3日、「著者」「デザイナー」「編集者」がチームとなって生みだした16点の「本」を、作品の内容・表紙デザイン・販促PRの3つの観点から審査し […]

イベント報告

2泊3日の出版創作イベント「NovelJam 2018」終了後の様子

日本独立作家同盟は2月10日から12日まで、東京都八王子市の大学セミナーハウスにて出版創作イベント「NovelJam 2018」を開催しました。こちらはイベント終了後翌日あたりまでの様子をまとめたTwitterモーメントです。 出版創作イベント「NovelJam 2018」4日目、ではなく、翌日くらいまでの様子を審査員や観戦者などのつぶやきを中心にまとめてみた

イベント報告

藤井太洋×今岡清「AIが書いた小説は面白い?」開催報告

日本独立作家同盟は1月27日、SF作家・藤井太洋氏と元SF雑誌編集長・今岡清氏をお招きし、対談イベント「AIが書いた小説は面白い?」を開催しました。 AIを基盤とする現在の「第4次産業革命」が進めば、社会が大きく変わることは間違いありません。人の言葉を理解し、知識にあふれ、愛嬌も備えているロボットの登場も夢ではなく、何年後かには鉄腕アトムやR2-D2が自分の相棒になるかもしれないのです。 では、一 […]