投稿

【お知らせ】トークイベント「〝本〟と〝デザイナー〟 町口覚+松本弦人、杉浦昭太郎+山家由希」を開催します

セルフパブリッシング、リトルプレス、電子書籍 ──『出版』は大きな変革期をむかえています。書店直取引、電子書店流通、オンデマンド出版、SNS宣伝告知、大手出版社の1000部出版、などなど、メディアの形態だけではなく、制作、製造、流通などのフローも様変わりしました。「良い装丁がデザインの使命」であることは変わずですが、デザイナーがかかわる領域は良くも悪くも多様化しています。

本イベントは、領域も活動も異なる4人のデザイナーのダブルトークとなります。デザイナーと出版者を兼業する町口覚+松本弦人による「リトルプレスの可能性」。小説版ハッカソン「NovelJam」受賞デザイナー杉浦昭太郎+山家由希による「電子出版におけるデザイナーの役割」。この2つのトークから、これからの『本』『出版』『デザイン』を、みなさまとともに考えられればと思います。
第1部2018年山田章博賞受賞の杉浦昭太郎と、同特別賞受賞の山家由希が「NovelJam」参加者の視点から、創作の現場で感じたデザイナーの存在意義について語ります。
第2部世界最高峰のフォトフェア「PARIS PHOTO」に11年連続で出展している「bookshop M」発行人でありグラフィックデザイナーである町口覚と、2017年ベスト書籍(共同通信)にリトルプレスで初選出された「一〇〇〇文庫」発行人でありグラフィックデザイナーである松本弦人が、それぞれに実践する出版の可能性と問題について掘りさげます。

小説版ハッカソン「NovelJam」は第3回の募集を開始します(8月1日から)。第2回「NovelJam」はデザインの重要性に気づかされた会でした。著者+編集者+デザイナーの出版ハッカソン「NovelJam」をより良い場にするために、また、セルフパブリッシング、リトルプレスの新たな発見と気づきを得るために、本イベントを企画しました。

NovelJam」の参加検討をしている方はもちろん、これからの出版にかかわるデザイナー、クリエイターの方、セルフパブリッシング、リトルプレスの出版者の方々にとって刺激的な内容になると自負しています。

【日時】2018年8月18日(土)14時~16時ごろ(13時30分受付開始)
※トーク終了後は交流会となります

【内容(予定)】NovelJamについて(5分)
登壇者:小野寺ひかり(司会・NovelJam 201…

第3期(2017年度)活動報告および会計報告と総会議事録

「無名Web作家からの脱出戦略」 ~小説投稿サイトと公募新人賞の現在~|イベント報告

【重要】hon.jpの事業継承についての続報

「NovelJam」が電流協アワード特別賞を受賞しました

菊地悟「商人としての編集者 ―― 33万部『うつヌケ』担当編集者が考え、仕掛け、やってきたこと 」|イベント報告

海賊版サイト対策としての緊急ブロッキング決定に対する声明

瀬尾太一×森田崇×楠正憲×植村八潮×稀見理都×鈴木みそ×データジャーナリストA×鷹野凌×仲俣暁生×まつもとあつし「海賊サイトによりマンガ文化が壊される!作家が生き残る方法とは?」|イベント報告

合宿で書き上げた小説を内容と販売活動に基づき評価・創作イベント「NovelJam 2018」グランプリ授賞式開催・総合グランプリはミステリー『REcycleKiDs』に決定!

2泊3日の出版創作イベント「NovelJam 2018」終了後の様子|イベント報告

2泊3日の出版創作イベント「NovelJam 2018」3日目の様子|イベント報告

2泊3日の出版創作イベント「NovelJam 2018」2日目の様子|イベント報告

2泊3日の出版創作イベント「NovelJam 2018」初日の様子|イベント報告