きうりさんの新作小説『トライアル&ラブレター』とインタビューが『月刊群雛 (GunSu) 2014年08月号』に掲載! #群雛

「月刊群雛 (GunSu) 2014年08月号」表紙

『月刊群雛 (GunSu) 2014年08月号』には、きうりさんの新作小説『トライアル&ラブレター』が掲載されています。これはどんな作品なんでしょうか? インタビューの一部を公開します。





── 宛先を間違えてトラブルに!?恋文が騒動を呼ぶ
『トライアル&ラブレター』


まず簡単に自己紹介をお願いします


・名前:きうり
・代表作:『イタコに首ったけ!』『光速文芸部』
いずれも青春ミステリ小説。Amazonで電子書籍として販売中です。

◆ウェブサイト(ブログ):『文藝yaminave』
http://yaminave.blogspot.jp/
◆Twitter:
https://twitter.com/q_ridaisensei


この作品の内容を簡単に紹介して下さい


 ラブレターの宛先を間違えて、取り繕ったところまではよかった。だが、それがきっかけで無実の同級生が濡れ衣を着せられたとあっては、〝真犯人〟たる高柳錦司は黙っていられない。彼は自分自身の有罪を立証すべく動き出した。不可能犯罪の様相を呈した状況を、彼はどう解きほぐしたのか──(※拙著『光速文芸部』の続編にあたりますが単体作品として読めます)。



この作品を書いたきっかけを教えて下さい


 核になるアイデアは以前から温めていましたが、この機会に肉付けしてみました。


この作品はどんな人に見て欲しいですか?


 殺伐としない、お気楽な青春ミステリが好きな方はどうぞ。タイトルと、〝真犯人が自分自身の有罪を立証する〟シチュエーションでピンと来る方もどうぞ。

きうりさんの新作が掲載されている『月刊群雛 (GunSu) 2014年08月号』は、好評発売中です!