積緋露雪さんの既刊『審問官 第一章「喫茶店迄」』のサンプルとインタビューが「月刊群雛 (GunSu) 2014年04月号」に掲載! #群雛

posted by 鷹野 凌

「月刊群雛 (GunSu) 2014年04月号」表紙

「月刊群雛 (GunSu) 2014年04月号」には、積緋露雪さんの既刊『審問官 第一章「喫茶店迄」』のサンプルが掲載されています。これはどんな作品なんでしょうか? インタビューの一部を公開します。





◆公式サイト:「黙考のしじま - 思索に耽る苦行の軌跡」
http://www.ninetailsgoldfox.org/wordpress/

◆Twitter:
https://twitter.com/crimson_fox


この作品の内容を簡単に紹介して下さい


 この作品は、全十二章を計画している長編小説の第一章です。既に鬼籍に入った「黙狂」の「私」と男に凌辱された窈窕の女性「雪」との邂逅からの五日間の物語となります。第一章は、「私」と「雪」が大学から古本屋街を歩きながら、「私」の理解者たちが集う喫茶店に行き着くまでの内容です。


この作品を書いたきっかけを教えて下さい


 自身が存在論的な危機に陥ってにっちもさっちもゆかなくなった時に、なんとかそのどん底から這い出る為の命綱として構想がわきでてきた作品です。


この作品はどんな人に見て欲しいですか?


 「私」という存在に躓いてしまった人に読んでもらいたいです。



積緋露雪さんの既刊サンプルが掲載されている「月刊群雛 (GunSu) 2014年04月号」は、好評発売中です!