日本独立作家同盟アーカイブ

無名の個人作家がプロモーション目的でやってはいけないこと

posted by 鷹野 凌 「無名の個人作家が利用可能なプロモーション手段のざっくりまとめ」は、宣伝広告にお金をかけられないのであれば、時間をかけるしかない。日々の地道な積み重ねこそが大切、というところが主な趣旨の記事です。ところが、世の中にはまっとうではない手段というのも存在します。本稿は、そんな「やってはいけない」プロモーション手段についてまとめてみました。 TwitterのフォロワーやFa […]

日本独立作家同盟アーカイブ

無名の個人作家が利用可能なプロモーション手段のざっくりまとめ

※2015年10月2日追記:内容が古くなってきたので、群雛ポータルにてアップデート版を公開しました。 本を作る手段や、配信(無償)・販売(有償)するためのプラットフォームはいろいろあります。しかし、無名の個人作家が最も困るのは、自分の作品をどのように宣伝していけばいいのか? という点ではないでしょうか。Kindleストアに登録しただけでは売れないというのが現状です。本稿では、個人作家が利用可能なプ […]

No Picture
日本独立作家同盟アーカイブ

きんどるどうでしょう主催、第2回「風立ちぬ杯」開催中 #KDP風立ちぬ杯

posted by 日本独立作家同盟 【Kindle無料本41冊】今夜はKindle作家一斉無料キャンペーン風立ちぬ杯!「よいこの有害図書」「アカネ」「相原ユタカの“年収3万円!プロサッカー選手放浪記”」ほかっ!【9月6日】 | きんどるどうでしょう きんどるどうでしょうで、第2回「風立ちぬ杯」が開催されています。期間は9月6日、7日の2日間です。 先日もお伝えしましたが、「Kindle ダイレク […]

日本独立作家同盟アーカイブ

紙の本の流通と、電子の本の流通

制作した「本」は、流通させて1人でも多くの人に読まれることが望まれます。紙の本の流通と、電子の本の流通は、やはり全く異なります。続きを「群雛ポータル」で読む »

日本独立作家同盟アーカイブ

電子の本の制作と、紙の本の制作の違い

わざわざ「出版」と「publishing」の違いとか、「本」とはといった、言葉の定義を再確認したのは、「電子の本を出版する」というのはどういうことなのか、「紙の本を出版する」のと何が違うのかを改めて考えておきたかったからです。続きを「群雛ポータル」で読む »

No Picture
日本独立作家同盟アーカイブ

きんどるどうでしょう主催、第2回「風立ちぬ杯」先着30名の参加者募集

posted by 日本独立作家同盟 KDP作家さん、9月の6日、7日はお祭りですよっ!KDP一斉無料キャンペーン第2回「風立ちぬ杯」参加者募集です | きんどるどうでしょう きんどるどうでしょうのzonさんから、第2回「風立ちぬ杯」参加者募集のお知らせが出ています。参加できるのは先着30名まで。実施期間は9月6日、7日の2日間です。詳細や募集方法は上記のリンク先をご参照ください。 「Kindle […]

Otvorena_knjiga
日本独立作家同盟アーカイブ

「本」とは

 マガジン航の「ロンドン・ブックフェア2013」で紹介されていた「独立作家同盟(Alliance of Independent Authors)」は、 既存の出版社に頼らず作家同士が助け合いながら本を世に出していく同盟です。  ではそもそも「本」とはどういったものなのでしょう? 続きを「群雛ポータル」で読む »

日本独立作家同盟アーカイブ

「出版」と「publishing」の違い

 ここでは言葉の定義について確認しておきます。日本語の「出版」と、英語の「publishing」は、微妙にニュアンスが異なります。 続きを「群雛ポータル」で読む »