藤井太洋×高橋文樹「『三体』はなぜヒットしたのか? ~ 中国(成都)国際SF大会等報告」開催報告

藤井太洋×高橋文樹
藤井太洋氏(左)と高橋文樹氏(右)

 HON.jpは1月24日、作家・藤井太洋氏と高橋文樹氏によるトークイベント「『三体』はなぜヒットしたのか? ~ 中国(成都)国際SF大会等報告」を開催しました。

 ベストセラー『三体』でアジア人作家として初めてヒューゴー賞を受賞した劉慈欣(リュウ・ジキン/リウ・ツーシン)氏をはじめ、王晋康(オウ・シンコウ/ワン・ジンカン)氏、韓松(カン・ショウ/ハン・ソン)氏、陳楸帆(チン・シュウハン/チェン・チウファン)氏など、中国ではいまSFが大人気になっています。
イベント会場の様子
 11月22日から24日にかけて中国四川省で行われた第5回成都国際SF大会のテーマは、“多元幻想,多彩未来”(複数のファンタジー、カラフルな未来)。14カ国から60人近い国際ゲストやSF作家など300人以上が参加し、一般来場者は3日間で5万2000人。

韓国語版『Gene Mapper -full build-』
韓国語版『Gene Mapper -full build-』を掲げる藤井太洋氏

 この中国(成都)国際SF大会や、8月にアイルランドで開催されたワールドコン、9月に開催された韓国SF大会に参加した小説家の藤井太洋氏と高橋文樹氏に、世界とアジアのSFの“いま”と“これから”についてレポートいただきました。
藤井太洋×高橋文樹

特定非営利活動法人HON.jpは、以下のみなさまの賛助などにより本(HON)のつくり手をエンパワーする活動をしております。入会方法や会員特典やなどのご案内はこちら

法人会員

シルバー
ブロンズ
アイアン

超サポート会員

あとーす / 鈴木征浩 / 天野優 / 的場章 / 淡波亮作(申込順・敬称略)
タグ: / / / / / / / /