「NovelJam 2018秋 グランプリ贈賞式&審査員トークセッション」|イベント報告

NovelJam 2018秋 グランプリ贈賞式&審査員トークセッション

日本独立作家同盟は2月1日、NovelJam 2018秋 グランプリ贈賞式と、審査員によるトークセッションを開催しました。

開催場所は、日本独立作家同盟がよくお世話になっている 3331 Arts Chiyoda の1階コミュニティスペース。
3331 Arts Chiyoda

11月23日から25日の開催された「NovelJam 2018秋」。熱狂の中から生まれた作品が、実際に電子書籍として発売されてから約2カ月が経ちました。

3331 Arts Chiyoda

グランプリでは、販売実績・広報活動・表紙デザインなど、チームで作り上げた「本」というパッケージ全体を評価します。

スクリーンに映された販売実績

スクリーンに映された販売実績。

グランプリ贈賞式

各賞とグランプリを発表、賞状が授与されました。

トークセッション

その後、アワード審査員の作家・藤井太洋氏、マンガ家・鈴木みそ氏、当日審査員の藤谷治氏、NovelJam 2018審査員で「monokaki」編集長の有田真代氏によるトークセッションが行われました。コーディネーターは書評家で理事の仲俣暁生氏です。

トークセッションからの映像はこちら。

コメント