緊急討論会:鈴木みそ×大原ケイ×仲俣暁生「Kindle Unlimitedは独立作家の福音か?それとも悪夢の始まりか?」|イベント報告

Kindle Unlimitedは独立作家の福音か?それとも悪夢の始まりか?

日本独立作家同盟は8月28日、漫画家の鈴木みそ氏、文芸エージェントの大原ケイ氏、文芸批評家・フリー編集者で「マガジン航」編集発行人の仲俣暁生氏を招き、緊急討論会「Kindle Unlimitedは独立作家の福音か?それとも悪夢の始まりか?」を開催しました。


8月3日、ついに日本でも読み放題サービス「Kindle Unlimited」が始まりました。14万点以上のラインアップで月額980円(税別)という料金は驚異的で、喜んでいる読者も多いようです。


Kindle Unlimited討論会

ところが、これまでKindle ダイレクト・パブリッシング(KDP)を利用してきた独立作家の方々からは、「これでは稼げなくなってしまうのでは?」といった不安や不満の声をよく目にします。


Kindle Unlimited討論会

そこで今回、NPO法人日本独立作家同盟では、「Kindle Unlimited」が独立作家にもたらす影響について徹底的に語り尽くす、緊急討論会を開催しました。


Kindle Unlimited討論会

ゲストは、2013年にKDPで1000万円以上稼いだ漫画家の鈴木みそさん、アメリカの電子書籍ビジネスの事情に詳しい文芸エージェントの大原ケイさん、文芸批評家・フリー編集者で「マガジン航」編集発行人の仲俣暁生さん。ファシリテーターは、NPO法人日本独立作家同盟理事長の鷹野凌です。