小説『マタギ話』が『月刊群雛 (GunSu) 2014年10月号』に掲載! ── 芦火屋与太郎さんへのインタビュー

月刊群雛 2014年10月号表紙

『月刊群雛 (GunSu) 2014年10月号』には、芦火屋与太郎さんの新作小説『マタギ話』が掲載されています。これはどんな作品なんでしょうか? インタビューをご覧ください。





── まず簡単に自己紹介をお願いします。


芦火屋与太郎(あしかや・よたろう)といいます。主な作品は小説です。



── この作品の内容を簡単に紹介して下さい。


夏休み、里帰りした時に、祖父から聞いた昔話です。祖父はマタギをやっていて、当時の体験談を聞かせてくれます。



── この作品を書いたきっかけを教えて下さい。


一年前、温泉に行った時、ひょんな事からそこで出会ったおじさんと仲良くなりました。そのおじさん、昔はマタギをやっていたそうで、色々なお話を聞かせてくれました。

その時の話を、小説にしました。



── この作品の執筆にはどれくらい時間がかかりましたか?


一週間ぐらいでしょうか。そこから資料集めをしたり、推敲したりして、出来上がったのはそこからさらに一カ月後だと思います。



── 注目している作家がいたら教えてください。


『月刊群雛』に参加されているみなさんです。とても刺激になります。



── 今後の活動予定を教えてください。


できたら、今年中にもう一度、参加できたらいいなと思っています。



芦火屋与太郎さんの新作が掲載されている『月刊群雛 (GunSu) 2014年10月号』は、下記のリンク先からお求め下さい。