神楽坂らせんさんの新作小説『マトリョシカ』とインタビューが『月刊群雛 (GunSu) 2014年06月号』に掲載! #群雛

posted by 鷹野 凌

「月刊群雛 (GunSu) 2014年06月号」表紙

『月刊群雛 (GunSu) 2014年06月号』には、神楽坂らせんさんの新作小説『マトリョシカ』が掲載されています。これはどんな作品なんでしょうか? インタビューの一部を公開します。





──ハッカージャパン誌特別賞作の大幅改稿版!
『マトリョシカ』


まず簡単に自己紹介をお願いします


 神楽坂らせん(かぐらざか・らせん)と申します。
Google+の「本が好き」コミュニティの管理人をしています。同コミュニティの紹介文を集めてKindleストアで販売しています。
自画像は仲良しのGoogle+ユーザ、樫津りんご(かしづ・りんご)さんに描いてもらいました。

「らせんの本棚」http://www.amazon.co.jp/dp/B00IWP9YL6

◆Google+:
https://plus.google.com/105106999084079383977/



この作品の内容を簡単に紹介して下さい


 ネット技術が今よりちょっとだけ進んだ近未来が舞台の、すこしふしぎ(SF)なお話です。
ヴァーチャル世界で女子大生が謎の老人と出会い、聞かされた奇妙なお話。彼女の常識からかけ離れたその内容とは?
今回は絵ゴコロのお師匠様、しんいちさんに扉絵をお願いしてのコラボ作品となっています。


この作品を書いたきっかけを教えて下さい


 ハッカージャパンというコンピュータ・ギーク系の雑誌で漫画原作を募集していたので、コンピュータネタのショートショートを書いてみました。
その時は特別賞を頂いたものの掲載されませんでしたので、大幅に改稿しラストも変えて新作としました(編注:改稿前の原題『マドック氏は語る』が特別賞を受賞)。文章量当社比120%増量。




この作品はどんな人に見て欲しいですか?


 コンピュータや理屈っぽい説明が好物な方に読んでいただきたいです。

神楽坂らせんさんの新作が掲載されている『月刊群雛 (GunSu) 2014年06月号』は、好評発売中です