栗林元さん・murbo zeroさんの新刊「神様の立候補/ヒーローで行こう!」の情報とインタビューです


神様の立候補/ヒーローで行こう!

栗林元さん(著)、murbo zeroさん(イラスト)の新刊「神様の立候補/ヒーローで行こう!」(2014年2月7日発売)の情報とインタビューです。






まず簡単に自己紹介をお願いします


栗林 元
1958年生まれ。28年務めた広告会社を辞めて、現在はバイト生活中。


この作品の内容を簡単に紹介して下さい


平成二年の第三十九回の衆議院総選挙を舞台にした作品。主人公・西本は地方新聞・東海新聞の専属広告会社の営業。彼に下された使命は、泡沫候補の新聞用選挙広告を法定回数五回分を全て東海新聞の扱いで獲得すること。選挙広告の扱い件数は新聞の信頼度を計るバロメーター、他紙の専属広告会社も黙ってはいない。さらに問題が一つ。その候補者は、「龍神様のお告げで立候補を決意した」というおばあちゃんだったのだ。西本は無事に扱いを獲得できるのか?
そんな新聞広告の内側をユーモアたっぷりに描いた作品。この作品は、平成三年三月の「第二回ビジネスストーリー大賞」(テレビ東京主催・日本経済新聞社後援)で佳作入選した小説に加筆したもので、今回が初公開。
もう一編の「ヒーローで行こう」は平成十四年の作品。ツイッター登場の四年前、地方都市に住む四人のオタク中年が、ひょんなきっかけから正義の味方をすることになる物語。


この作品を書いたきっかけを教えて下さい


実際に選挙広告を担当したことがきっかけです。


この作品はどんな人に読んで欲しいですか?


いろいろな人に読んでいただきたい。


この作品の執筆にはどれくらい時間がかかりましたか?


2週間


この作品を書くにあたって影響を受けた作家や作品を教えて下さい


特にない


注目している作家がいたら教えてください


重松清


今後の活動予定を教えてください


新作長編を準備中。活劇ものです。