織部ゆみさんの新刊「沙耶の場合」の無料キャンペーン情報(12月27日~29日)です


織部ゆみさんの無料キャンペーン情報です。

織部ゆみ
年明け出版の予定でしたが、待ちきれず、年内出版を敢行することに致しました。
出版を記念し、週末無料キャンペーンを行います。
12月、27日、28日、29日の三日間。
: 沙耶の場合 eBook: 織部 ゆみ: Kindleストア
Amazon.co.jp: 沙耶の場合 eBook: 織部 ゆみ: Kindleストア

日本を離れ、単身イギリスに渡った沙耶はそこで一人の男性、アランと出会う。

30も半ばに近づき、新たな出逢いへの期待も薄れ始め、これからの人生を一人で生きていくことを考え始めていた時だった。

異国の地での初めての暮らし、新しい仕事。

自らの選択とはいえ、沙耶は突然の大きな変化に心身ともに疲れ果てていた。

そんな沙耶を優しく包み込むかのように受け止めてくれるアラン。その心地よさに安らぎを感じる沙耶。そして、突然とも思えるプロポーズ。沙耶は躊躇いを感じながらもその申し込みを受ける。

初めは、欠点が見つけられないようにすら思えたアランだったが、沙耶の中に少しずつ小さな疑問が膨らんで行く。

それでも、流されるかのようにアランとの結婚へと踏み切る沙耶。

気づいた時にはアランとの関係の中にがんじがらめにされていた。

身動きさえ出来ぬような状態の中で沙耶は自分自身を見つめ始める。
どうしてこのような状況に身を置くことになったのか。

自分の中の何が自らをこの状況に追い詰めたのか。

沙耶は過去を見つめ、現在を見つめ、自身を見つめ直していく。

悲しい過去によって作られた自分の心が今の状況を招いたのだということに気づき始めた時、過去の悲しみと現在の悲しみがまるで引き合うかのように似ていることに愕然とする。

不幸の連鎖を繰り返しているのは他でもない自分自身なのだと悟った沙耶は、それを断ち切るべく立ち上がっていく。