図説:Macintoshで、配布されているEPUBファイルを読む方法(Kinoppy編)

posted by 鷹野 凌

Kinoppy

EPUBファイルは、電子の本のフォーマットの一種です。ただ、まだEPUBは、PDFのように一般的にはなっていないため、読み方がよくわからないという方が多いと思います。

そこで本稿では、Macintoshで EPUBファイルを開くことができるアプリ「Kinoppy」の導入方法と、実際にウェブで配布されているEPUBファイル(つまりDRMフリー)を開く方法について解説します。画面は、MacBook Air(2012年モデル・Mac OS X 10.8.5)です。「Adobe Digital Editions」というアプリもありますが、日本語EPUB 3にちゃんと対応していないのでお勧めできません。


[2013.10.23 追記:Mac OS X Mavericks で iBooksが追加され、EPUBビューワとして利用可能になりました。関連付けもされているので、今後はこういった苦労はなくなると思います。]



1.Kinoppyをインストールする


Kinoppyは、紀伊國屋書店ウェブストアの読書用ビューアで、無料で配布されています。「紀伊國屋書店 Kinoppy」のウェブサイトからダウンロードして、インストールする必要があります。


(1) 「紀伊國屋書店 Kinoppy」のウェブサイトを開く



[Mac版をダウンロード]をクリックします。



(2) App Storeからダウンロードしてインストールする



[無料]をクリックすると、ボタンが[Appをインストール]に変わるので、再度クリックするとインストールします。



Apple IDのログイン認証を求められたら、パスワードを入力します。



ボタンが[インストール済み]になったら、インストール完了です。



2.配布されているEPUBファイルをダウンロードする


こちらに、サンプルのEPUBファイルを用意しておきました。




(1) インターネットブラウザでこのページを開き、上の[サンプルEPUB 無料ダウンロード]ボタンをクリックする




(2) ダウンロードが完了すると、右下の[ダウンロード]にEPUBファイルが保存される




3.ダウンロードしたEPUBファイルをKinoppyで開く


(1) Kinoppy を開く


Kinoppyが無事にインストールできていれば、Launchpadの中に入っているはずです。




(2) Kinoppyのログイン画面が表示されるので、メニューから[ファイル]→[ファイルを開く]




(3) [ダウンロード]フォルダから、ダウンロードしたEPUBファイルを選択して[開く]




(4) EPUBビューアが開く



この本は横書き・左綴じなので、右端をクリックするか、右カーソルでページがめくれます。残念ながら、Kinoppyの本棚機能には対応していません。会員登録してログインしても、開いたEPUBファイルは本棚に入りません。[追記:なぜか私の環境では本棚機能が利用できないのですが、普通に使えているという報告を2例頂きましたので、1文削除させていただきました。]


例えば、著作権保護期間切れ文学作品を誰でも自由に読める「青空文庫」を、EPUB形式で配信しているサイトがあります。同じ要領で、ダウンロードして読むことができます。


http://aozora.wook.jp/
青空文庫 - ePub形式で青空文庫を配信 « wook