犬吠埼一介さんによる「いとしの小さな殺人鬼」のレビュー



犬吠埼一介さんに投稿いただいた、皮算積人氏の著作「いとしの小さな殺人鬼」のレビューです。





犬吠埼一介
皮算積人さんの「いとしの小さな殺人鬼」を読了。★5つです。いやー面白いですよこれは。堪能しました。SFとして秀逸でありながら、軽快な大衆小説としても秀逸。個人が潔く活躍する等身大の作品を思わせながら、セカイ系としても楽しめるようになっているのが特徴です。

こんなに面白い作品がKDPで読めるんだなと思った。涙を流すほどの高揚感、登場人物の幸せを願わずにいられないところ、前面にエンタメ、背後に思想という構造がしっかりとあるところが見事です。

全体的な印象からゆるふわな作品だと思っていたが全然違う。鋭くも鮮烈な、硬派な作品です。描かれている人物像も多様でリアルだし、主人公の思いが伝わってきた。さすがきんぷれ! 作家だけありますね。

ライトな小説の読者にも、ある程度コアなSFの読者にもおすすめです。本当によく練られています。小児性愛者が題材となっているが、それも本質的で深く、許されない性との葛藤と決断が描かれています。

: いとしの小さな殺人鬼 eBook: 皮算積人: Kindleストア
Amazon.co.jp: いとしの小さな殺人鬼 eBook: 皮算積人: Kindleストア